何処から?、何者?、何処へ?


by kusini
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

将棋とコンピュータ


a0058379_11502184.jpga0058379_1151131.jpg



最近、日本将棋連盟理から、プロ棋士のコンピュータとの公式対局禁止令がでました。
コンピュータ将棋の強さを認め、真剣に対応していくためらしいです。

将棋は、ゲーム理論からいうと「零和」「有限」「確定」「完全情報」というのだそうです。
つまりは囲碁、チェス、オセロのような偶然的要素が入らず勝敗がつく知的ゲームです。

この手のゲームは、一手目から可能な手の場合分けをしていけば、先手か後手の必勝法が見つかるはずなのですが、その場合分けは全宇宙の星か原子の数を越え、コンピュータでも計算不可能。

そこで、ソフトは人間の思考と同じように有力な手を何手か先まで読み、終盤は詰将棋を解くように最後まで読み切ろうとするのです。

チェスの名人がIBMのDeepBlueに敗れたあと、研究者、プロ・アマチュアのプログラマーの興味は囲碁、将棋に移りました。

ハード、ソフトの進歩に伴う棋力の伸びから、現在最強の名人に追いつくのは、あと10年後という予測があります。
チェスの場合は、名人に勝つ10年以上前からからこの予測がぴたりと当たりました。

いまは市販ソフトでも、最強のものは全将棋人口の数パーセントしか勝てないといわれています。

ソフトを売る立場からいえば、将棋ソフトが強くなっても、新しいものを売るのが難しくなっていきます。

私も仕事柄以前は、その時点で最強のソフトは持っていましたが、自分がどうやっても勝てなくなってからは買わなくなりました。
「強くなった」といわれても、自分では分からないし意味がないのです。

せいぜい棋譜の解析機能を入れて、敗因を人に教えて指導させるかというところですが、機械ごときにと思われるのか、あまりこれは一般受けしません。

この先、完璧に人間を越えれば、コンピュータが指す手は「神の一手」となるのか?

でもそうなっても、ソフト同士で勝ち負けがあるので、「最強の神」とか「弱い神」がでてくるのか?

そもそも、人は名局を鑑賞するようにコンピュータの対局を見て感動するのでしょうか?

[PR]
by kusini | 2005-12-18 12:27 | 仕事