何処から?、何者?、何処へ?


by kusini
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

稲村ケ崎

a0058379_881829.jpg

稲村ケ崎と小動岬(コユルギミサキ)の間の七里ヶ浜に駐車場があり、休みの日はよくここに来ます。

フリーマーケットが隔週で開かれ、ハンバーガーショップの外のテーブルの上空ではトンビが舞い、サーファーは必ず海に浮いていて、穏やか日でも雨の日でも早朝から夕暮れまで波を待っています。

空気が澄んでいるときには、江の島のバックに富士山が並び、三浦半島や箱根、伊豆半島が見渡すことができます。

稲村ケ崎の公園には、新田義貞を詠んだ明治天皇歌碑やコッホと北里柴三郎の記念碑、ボート遭難の碑があってにぎやかです。
向かいには、最近駐車場工事をしていたら温泉が湧いたのでできた温泉場があります。

ここの砂浜は砂鉄が多く黒ずんでいるのですが、砂の流出が進んでいるということです。

数年前、稲村ケ崎の海水浴場が最後となるときに遊びに来ました。
8月末だったので案の定、沖で親子でクラゲに刺され、救護室で手当を受けた最後の海水浴客となってしまいました。

[PR]
by kusini | 2006-05-24 08:16 | 風景