何処から?、何者?、何処へ?


by kusini
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ブログ( 4 )

思い出と在庫

モノを溜め込む家系らしい。
屋根裏部屋には、本や雑誌・レコード・手紙・雑多なコレクションなどでいっぱいです。
子供ができてからは写真・ビデオ・工作物が増えていき、時々処分しているつもりなのだが、一部車庫に移動するようになってしまいました。

両親も私からすると無駄としか思えないものを捨てられずにいます。
以前田舎に帰ったとき、本家の二階建ての蔵に入れてもらい「お宝」を期待したのですが、どうしようもないガラクタばかりでした。

会社をやってみて、在庫管理費・棚卸し・廃棄損などを知り、経営的には「在庫を減らす」ことがいかに重要なことか学びました。

会社経営と違うのは、商品ではなく、どこか「思い出」と感じているからだと思います。

写真やスキャンのデジタル化も考えましたが、まあ思い切って捨ててしまった方がよさそうです。

[PR]
by kusini | 2006-07-31 08:12 | ブログ

さくら祭り

a0058379_8115698.jpg
横須賀の米海軍基地でさくら祭りがあったので行ってきました。
中には学校やレストラン、映画館やボーリング場まであります。
ひとが多すぎてイベント広場にたどり着くまで、かなりの時間がかかりました。

去年の冬の寒い夜、横須賀に住んでいた若いデザイナーが亡くなりました。
彼女は鹿児島で子供のころからマンガを描いていて、地元の大学を出て、CGデザイナーとして
仕事をしていました。
葬儀はご両親が上京し、この近くで行いました。

生きていたら、この桜を見ていたかもしれません。
海に散った桜の花びらに黙祷して帰りました。

[PR]
by kusini | 2006-04-10 08:17 | ブログ

夜のアキバ

最近、喫茶店の方がよくテレビのドキュメンタリーや情報番組に出るようになり宣伝になるのですが、
あんなに取材の時間をかけるならもっと違った切り口もないのかなと思ったりします。

秋葉原に移ってきて4ヶ月、私が一番驚いているのが、この街の健全さです。
夜8時を過ぎると昼間の人ごみがうそのように引け、静かになります。

かといって寂しい雰囲気ではなく、終電間際の時間でも中央通りは翌日の準備をしている電気屋、
ゲームセンターなど適度な灯りが残っています。

日中も若い人は多いのですが、うるさい気はしません。
夜早く帰ってしまうのも、この街に集まる若い人たちの特性でしょうか。

(昼間裏路でソフトのコピーリストこっそり渡す外国人女性は、ここだけ!?)

そんななかですこしづつ大人の楽しみを見つけています。

夜になると現われる、こじんまりとした居酒屋。
日本酒、焼酎専門店もあります。
万世橋のレストランの窓から見る神田川や電気街のネオンの輝きもいい雰囲気です。

夜は繁華街でもなく、寂しくもなく、でもまだ何かありそうなも、この街の面白さでしょうか。

[PR]
by kusini | 2005-12-27 07:34 | ブログ
じつはブログを始めるにあたって、はじめに「オカつく」のことを考えました。

ゲーム業界で有名な岡本さんの会社起業に関するホームページです。

設立準備をした場所がなぜだか私も昔ヨットの練習に通った江の島だったり、会社のビルが通勤中途中にあって毎日眺めていたり、知っている人のことがよく出てきたり、なにより岡本さんの人柄がわかって、ずっと楽しみに読んでいました。

今まで2年間以上、1日の休みなく日記・写真がアップされ続けて、会社の発展をリアルタイムのドキュメントで見ているようでもあります。

書きたくても書けないこともたくさんあったと思いますが、皆に約束して公開することが事業拡大の力になったのでは、と考えてみたりしました。

さて自分の場合は、こんなふうには書けないのですが、せめて1週間に一度はアップしていければと思います。

テーマは、
「会社・仕事のこと」
「家族・日常生活のこと」
「趣味・人生について」
「旅の風景・思い出について」
「ブログ(本当の日記)」

半分は自分自身の記録として、過去・現在・将来のことを書きとめておこうと思います。
残りは自分を励ますためと、皆に読んでもらうため。

すこし続けて自信がついたら、徐々にリンクを張って公開していくつもりです。

[PR]
by kusini | 2005-11-13 00:05 | ブログ