何処から?、何者?、何処へ?


by kusini
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アキハバラ@DEEP

TVドラマ化されたとき喫茶店が撮影場所になり、メイドの子も出演していて、原作小説読むよう薦められていたのですが、映画も公開され社内にあった本をやっと手にしてみました。

初めての作者でしたが、読書中どれだけ熱中できるかという基準でいえば悪くありません。
オタク事情に詳しい会社の30代社員に言わせると、「電車男」はもう古く、これからは「アキハバラ@DEEP」の時代だそうです。

コンピュータ社会の近未来的な結末にリアリティーを出すためか、途中の描写は極端に具体的です。
主人公たちのキャラクターやエピソードもそうですが、アキハバラの街の様子もすぐに熱気や情景が浮かんできます。

ニヤッとしたのは、法人「アキハバラ@DEEP」の住所がここのオフィスと同一でした。(裏アキハバラというらしい)

面白かった本を選んだときも思ったのですが、自分は、具体的な地名が出てきて、街の様子や風景を追体験できる小説が好きなんだなということです。

[PR]
by kusini | 2006-09-24 10:32 | 趣味

ネット碁

だいぶ以前、というかインターネットが家庭で接続できるようになったときからですが、ネット碁を続けています。

このとき、これで好きな時に家で、碁や将棋・麻雀の対局ができると思った人は多かったと思います。

私が利用しているのは、その黎明期に海外で誕生しその後日本での運営されるようになった、ネット対局では最古参で最大のサイトです。

技術進化の激しいネットの中では珍しく、サーバの基本的仕組みを変えたりすることなく、着実に会員数を増やしながら、常に安定して運営されています。

それでもモバイル対応も含め「囲碁サイト」として考えられる限りの機能・コンテンツは充実させてきています。
(私も仕事でいくつかの機能・コンテンツ開発に関わらせてもらい、永久会員になって運営者に勝手な要望をいっています。)

爆発的拡大や突然の閉鎖など劇的変化の激しいネットのなかでは非常に珍しい、ユーザーから見ると安心して続けられる例だと思います。

対局中もみな紳士的というか、嫌な対応をされた記憶がありません。
ユーザーの年齢が比較的高いというだけではなく、囲碁というゲームの性格もあると思います。

囲碁は絶対的な勝利というものがなく、譲歩・妥協しなが少しでも相手より多く地を取れば勝ちです。
(でも地を取ろうとそればかり考えていると負けてしまう不思議なゲームです。)

相手の力量・性格を推し量り、ふたりで協力・対話しながら棋譜を作っていく感覚があります。
このあたりは、同じ「零和・有限・確定・完全情報 」でも将棋・チェス類とはだいぶ違うようです。

世界中から接続されていて、日本以外では、韓国・中国 ・アメリカ・カナダ・フランスあたりが多いのですが、南米・アラブ諸国などのプレーヤーもいます。

アンドラ公国(Andorra)という国も始めて知り、対局中チャットで、バルセロナに旅行したら訪問するよう誘われたりもします。

対戦成績のレーティングで、段・級は即座に昇級降級します。
(日本の認定は甘いので世界基準では2ランク下ですが)

さて私の成績の方はというと、その日本の認定の有段と級位の間を行ったり来たりしています。
こちらの方も、長期安定成長と願いたいところなのですが・・・

[PR]
by kusini | 2006-09-18 16:26 | 趣味